その真っ平らで穏やかな美的世界に心和む・・・

水平的な一体感の木造平屋総数寄屋造。
茶の湯の心を大切に、一期一会でお迎えいたします。

コンセプト


結ぶ縁の深まりに思いを寄せる

智恵の智恩寺にある“文殊堂”の奥にひっそりと佇む小亭。
宿名は作家 藤本義一氏に「天の橋立の松の葉先に結ぶ露、旅の宿で人の結ぶ縁の深まりに思いを寄せる」とのことで、「松露亭」と命名頂きました。

「三間」を大切に・・・


大切にしているのは三つの間。
当館がご提供する良質な間は、旅の宿にはなくてはならないもの。


~ 時 間 ~
ここは別世界。
ゆったりと流れる静寂の時を

~ 空 間 ~
天橋立に溶け込むように、
水平的な木造平屋総数寄屋造。

~ 人 間(じんかん)
茶の湯の心を大切に
一期一会でお迎えいたします。



大人の空間・時間を愉しむ

緑溢れる庭園の向こうに広がる静かな水面の阿蘇の海、
日本三景天橋立の松林が目の前に美しく続く。
朝夕と表情を変え、四季折々に移り変わる日本の自然の美しさ。
喧騒とは無縁の別世界・・そこはまさに大人の寛ぎを追求した空間。

※小亭ではお子様は12歳以上のお子様から承っております。
 恐れ入りますが、何卒ご了承くださいませ。